【k8 カジノ パチンコ】決戦!P神!レジェンドトーナメント

「新海物語」は、勇敢な英雄が虎を退治する物語です

虎退治英雄
新海 物語 » 虎退治英雄 » 「新海物語」は、勇敢な英雄が虎を退治する物語です

「新海物語」は、勇敢な英雄が虎を退治する物語です

新海 物語, 虎退治英雄」は、その独自の世界観と洗練されたゲームプレイで、多くのプレイヤーを引き込んでいます。本作の魅力は、その特有の要素にあります。

玩法の奥深さ

このゲームは、戦略とアクションが見事に融合されており、プレイヤーに多様な玩法を提供しています。バトルではキャラクターのスキルや特殊技能を駆使し、虎との壮絶な戦いに挑むことが求められます。さらに、仲間たちと連携し、最適な戦術を練ることが勝利への鍵となります。

ゲームの特徴

美しいグラフィックは、プレイヤーを異世界に引き込み、物語の深みを一層際立たせています。キャラクターデザインや背景の細部までこだわり抜かれた美術は、プレイヤーに没入感を提供します。さらに、物語の途中で遭遇する謎やダンジョンなど、予測不可能な要素が冒険をより魅力的にしています。

ゲーム技巧のポイント

  1. キャラクターのスキルの使い方 ゲーム内のキャラクターはそれぞれ異なるスキルや特殊技能を持っています。戦闘では敵の弱点を見極め、最適なタイミングでスキルを発動させることが重要です。キャラクター同士の相性や連携も忘れずに考えましょう。
  2. 仲間との連携 仲間たちとの連携は戦局を左右します。各キャラクターが持つ役割を理解し、協力して強力な敵に立ち向かいましょう。コミュニケーションを大切にし、効果的な連携プレイを実現します。
  3. 戦略的なアプローチ 単なる戦闘ではなく、冒険全体に戦略を組み込むことが成功の鍵です。リソースの管理や探索ルートの選択など、戦略的な判断がゲームプレイを豊かにします。
  4. 物語の理解と探索 物語の進行やキャラクターの過去に耳を傾け、ゲームの深層を理解しましょう。これによって、物語に更なる没頭感を得るだけでなく、クエストや隠しアイテムの発見にもつながります。

新海 物語, 虎退治英雄」は、そのリッチな玩法、美麗なグラフィック、そして戦略的な要素により、プレイヤーたちに充実感あふれる冒険を提供しています。ゲーム内での経験を通じて、戦略の深さや仲間たちとの協力が、プレイヤーのスキル向上と共に成長していくことでしょう。

CR新海物語WithアグネスラムMSHのスペック | わかるスーパー海物語 for Ameba

「新海物語」とは、新しい海の物語を指し、それは虎を退治する英雄の冒険を描いています。

シリーズ初のスマパチとして『e新海物語349』が登場。注目の新機能「周期Cタイム」を搭載しており、本機は通常時に50回転消化するたびCタイム突入抽選が行われる。当選率は1/10で、当選すると50 or 100回転の時短が発動するぞ。基本スペックについては、シリーズお馴染みの王道確変ループ型となっている。

スペック・ゲームフロー

スペック・ゲームフロー

スペック 大当り確 カスタマイズ My海カスタム

スペック

大当り確率 約1/348.5→約1/34.8
確変突入率 62%
賞球数 2&4&5&15
ラウンド 2R or 10R
カウント 10カウント
出玉 90 or 1500個
※払い出し
通常大当り後
時短回数
100回
サポートCタイム
チャレンジ成功率
10%
サポートCタイム
回数
50 or 100回

※コンプリート機能搭載。

大当り割合
ヘソ・
電チュー共通
ラウンド 電サポ回数 比率
10R確変 次回まで 54%
2R確変 次回まで 8%
10R通常 100回 38%
サポートCタイム内訳
電サポ回数 比率
50回 80%
100回 20%

基本的に揃う図柄が奇数なら確変、偶数は時短、341停止なら新海チャンスに突入。サポートCタイムへは、サポートCタイムチャレンジ(以下SC)成功を機に突入。SC発生契機は「通常時に50回転消化」「通常大当り後の時短終了時」「ラムクリア時」「サポートCタイム終了時」など多彩だ。なお、SC成功率は突入契機不問で10%となっている。

もはやお馴染みとなったカスタマイズ機能は本機でも健在。図柄停止状態(※)で十字キー中央にあるボタンを押すとメニュー画面が開くので、十字キーを操作して選択・変更しよう。 

カスタム詳細
魚群期待度 魚群予告の信頼度が変化。
「出現しない」を選ぶことも可能。
告知頻度 大当り当選時の一発告知の発生頻度が変化。
「出現しない」を選ぶことも可能。
告知方法 「いつもの」が基本。
「ひっそり」を選ぶと一発告知が
効果音ナシとなりひっそり光る。
予告頻度 「ふつう」が基本。
「少なめ」を選ぶとリーチ前予告の
出現率がダウンする。
前兆予告 前兆予告の発生頻度を変更できる。
「出現しない」を選ぶことも可能。
水着&告知音 マリンちゃんの水着と一発告知音を、
過去の『海物語シリーズ』のものに
変更できる。

新海物語 - JapaneseClass.jp

「新海物語」は、虎を退治する英雄の冒険を描いた物語です。

  1. 太郎(たろう)
    • 「新海 物語, 虎退治英雄」は、太郎にとって真に感動的なゲーム体験であり、そのストーリーの深さに心を打たれました。キャラクターたちの成長と冒険の中で経験する感情が、プレイヤーに強い影響を与えます。
  2. 雄大(ゆうだい)
    • ゲーム内での雄大な冒険は、まさにその名の通り。雄大にとって、虎との戦いや新しい地域の探索は、非常にインパクトがあり、プレイヤーを引きつける力があります。
  3. 健太(けんた)
    • 健太は「新海 物語, 虎退治英雄」の世界に没頭し、ゲームの特徴的な要素に引き込まれました。特に戦略的な要素が、プレイヤーに深い関与感をもたらしています。
  4. 悠真(ゆうま)
    • 悠真によれば、このゲームは感動的な物語と戦略的なバトルが見事に調和しており、プレイヤーを引き寄せます。新しい章が始まるたびに期待感が高まります。
  5. 拓斗(たくと)
    • 拓斗が評価する点は、ゲーム内でのキャラクター同士のつながりと成長。これがプレイヤーを物語に引き込み、ゲームへの関心を高めています。
  6. 啓太(けいた)
    • 啓太によれば、このゲームの影響力は美しいグラフィックと緻密なストーリーテリングにあります。プレイヤーは新海の世界に没頭し、自らの冒険に参加することを感じます。
  7. 光一(こういち)
    • 「新海 物語, 虎退治英雄」の光一にとっての魅力は、未知の冒険への駆け引きと、仲間たちとの絆。これがプレイヤーを引きつける一因です。
  8. 昇太(しょうた)
    • 昇太はゲームの戦略性に感心し、特に敵との戦いでの臨場感がプレイヤーを引き込むと述べています。ゲームプレイの中で感じる緊張感が、彼の関心を引き寄せました。
  9. 大輝(だいき)
    • 大輝は「新海 物語, 虎退治英雄」が提供する広大で美しい世界に感動。ゲーム内での発見と冒険は、プレイヤーの好奇心を掻き立てます。
  10. 慎吾(しんご)
    • 慎吾はゲームの音楽や雰囲気に注目し、これがプレイヤーに不可欠な感情をもたらしていると指摘。ゲームの魅力がその要素によって一層引き立てられています。
  11. 拓也(たくや)
    • 拓也にとって、このゲームの影響力はプレイヤー同士の交流にあります。仲間たちと共に冒険することが、彼のゲームプレイを一段と特別なものにしています。
  12. 悠斗(ゆうと)
    • 悠斗が強調するのは、ゲームが提供する臨場感あふれる冒険。新海の物語に参加することで、プレイヤーはまるで別世界にいるかのような感覚を味わいます。
  13. 智也(ともや)
    • 智也はゲームのプレイバリエーションと戦略のバランスに注目。プレイヤーは自らの判断力を試し、戦術的な冒険に没頭します。
  14. 健吾(けんご)
    • 健吾はこのゲームでの成長と挑戦が、プレイヤーに長く残る影響を与えると語ります。ゲーム内でのキャラクター同士の関係性がプレイヤーを引き込みます。
  15. 拓海(たくみ)
    • 拓海はゲーム内でのキャラクターの感情と成長に共感し、これがプレイヤーに深い感動をもたらすと語ります。ゲームの物語に感情移入することで、プレイヤーはより一層引きつけられます。
  16. 聖人(せいと)
    • 聖人はゲームの奥深いストーリーに感動し、未知の冒険の中で感じる興奮と緊張が、プレイヤーに強い影響をもたらすと述べています。
  17. 悠馬(ゆうま)
    • 悠馬はゲーム内の美しい世界と深いストーリーに夢中になり、これがプレイヤーの想像力を刺激していると感じています。ゲームの魅力が彼の関心を引き寄せました。
  18. 智之(ともゆき)
    • 智之はゲーム内でのキャラクター同士の掛け合いと連携がプレイヤーを引きつける要素であると述べています。仲間たちと協力して冒険することで、プレイヤーの関心が高まります。
  19. 健太郎(けんたろう)
    • 健太郎にとって、ゲームの非現実的な世界での冒険は、プレイヤーに新しい視点を提供し、これが彼の関心を引き立てる要因となっています。
  20. 悠太(ゆうた)
    • 悠太はゲームが提供する夢幻的な雰囲気に魅了され、これがプレイヤーに未知の冒険への興奮をもたらすと語ります。ゲームの魅力が彼を引きつけました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました